おむつ勉強会の情報はこちら

大人用おむつカバーとは

今回は布おむつカバーの紹介をします。

おむつカバー

おむつカバーは布おむつやフラット型シート、尿失禁パッドを固定して漏れを防ぎます。

組み合わせ

3つの組み合わせを紹介します。

布おむつ(非推奨)

長方形の布おむつを尿量に合わせておむつカバーの中にセットする。

メリット

・排泄前は肌触りが良い

・洗濯ができるので経済的

デメリット

・排泄後の不快感が強い

・複数枚重ねるので分厚くなる

フラット型シート(非推奨)

フラット型シートは大きさの割に吸収量が少ない。隙間ができて漏れやすい。

メリット

・使い捨てできる

デメリット

・通気性が悪い

フラット型シートの使い方と注意点

尿失禁パッド

紙パッド専用のおむつカバーがある。

メリット

・吸収量のバリエーションが多い

デメリット

・値段が高い

しろやぎ
しろやぎ

実際は布おむつとフラット型シートは吸収量が少ないので、尿失禁パッドを重ねて付けている事が多い。分厚くなって動きにくいよ。


サイズの選び方

サイズ選びが重要です。メーカーによりサイズ選びの表記が違う。メーカーの表記に従ってください。

ポイント
ヒップ表記もあるが、ウエストと股周りが締め付けられず、緩すぎないサイズを選ぶ。

おむつカバーの注意点

締め付けが強い

おむつカバーは太もも周りの締め付けが非常に強い。不快感を訴える人も多い。指を隙間に入れて圧抜きをするとツッパリ感が少し軽減する。締め付けが強くて、圧痕が残る方もいます。

分厚く動きにくい

布おむつは吸収量が少ないので重ねて使用するので分厚くなってしまう。動きにくくなる原因に繋がる。

布おむつは排泄後の不快感が強い

布おむつは排泄前の肌触りは良いが、排泄後の不快感は強い。

布おむつは洗濯が大変

汚れの状況により、予洗い、手洗い、洗濯機と洗濯が大変である。

おむつカバーのメリット

洗濯できるので経済的

おむつカバーは洗濯できる。洗濯を繰り返すと劣化していきます。

注意
おむつカバーや布おむつは素材によって洗濯する方法が違います。商品の表記に従ってください。

まとめ

成人でおむつカバーを安易に選択する事はお勧めできません。

おむつカバーに似ているテープ型ホルダーパンツがあります。テープ型ホルダーパンツは紙パッド専用です。是非、参考にしてください。

テープ型ホルダーパンツの種類と選び方