おむつ勉強会の情報はこちら

ポータブルトイレの種類と選び方

今回はポータブルトイレの紹介します。

ポータブルトイレ

ポータブルトイレはトイレまでの移動が困難になった場合に使用する。ベッドの傍に設置する事ができるので歩けなくても自室にて排泄する事ができる。排泄物と身体はできるだけ素早く離すことが好ましい。

ポータブルトイレの種類

プラスチック製と木製を中心に紹介します。スチール製や簡易的なポータブルトイレもある。

プラスチック製

比較的に軽量で動かしやすい。お手入れが簡単。水洗いできる。臭いが付きにくい。樹脂製で木目調の商品もある。

木製

部屋のテイストに調和しやすい家具調。重量があるので安定している。手入れが大変。椅子のように腰掛けることもできる。値段が高い。

スチール製

軽量で移動しやすい。折りたたむことも可能な商品がある。軽量のため安定性が不十分。値段が比較的に安い。


選び方のポイント

ポータブルトイレを体格に合わせて調整すると排泄しやすい。体に合っていない状態であると介助する側も大変である。

本体の大きさ

コンパクトタイプもある。体格や部屋のスペースに合わせて選択する。

座る姿勢が不安定な方はポータブルトイレが体格に合っていないと排泄しにくい。


便座の高さ

基本は股関節、膝関節、足関節が90°で座れる高さを選ぶ。身体状況によって高さを調整する。

移乗で平行移動するためにベッドの高さに合わせる場合がある。

立ち上がりやすくするために少し高めに調整する場合がある。

立ち上がりや前すべりを予防するために前後の傾きを調整できる商品もある。


ひじ掛け・跳ね上げ

ひじ掛けの高さが調整出来たり、跳ね上げる事もできる商品がる。

跳ね上げると移乗する際にひじ掛けを乗り越えなくてもよくなる。

ポータブルトイレとベッドの間を埋める付属品が商品によって付いている。移乗の際に隙間が少なくなるので安全に移乗できる。


便座の種類

プラスチック便座、長穴便座、ソフト便座、あたたか便座。他にも脱臭便座などいろいろと種類がある。リラックスして座れる便座を選ぶ。

MEMO
長穴便座はお尻が拭きやすい。また男性は座って排尿した際に漏れにくい。

ポータブルトイレの使い方

ポータブルトイレの使い方の紹介をします。

STEP.1
汚物バケツに水を入れてセット

汚物バケツに水を入れてポータブルトイレにセットする。水を入れると臭いが軽減される。また便がこびりつきにくい。

STEP.2
排泄する

便は前かがみの姿勢で出やすい。排便する際の姿勢についてまとめました。是非、ご覧ください。

便がでやすい姿勢とは
STEP.3
汚物をトイレに流す

自宅内のトイレに汚物バケツを運んで流す。

STEP.4
汚物バケツを洗う

汚物を洗える水道でバケツを洗う。

step1~4を繰り返す

ポータブルトイレは洗浄する事が大変。


ポータブルトイレを置く位置

特に理由がなければベッドの足側に置く。トイレが頭側では臭いの問題がある。

注意
身体状況や部屋の状況によって置く場所が異なる。医療・介護職の方に相談する。

キャスターが付いているとポータブルを選ぶと移動させるのが楽になる。ポータブルトイレは車いすで移乗する時や起き上がる時などに邪魔になる。

その他のオプション

ペーパーホルダー

自分でトイレットペーパーをカットできるかも重要である。片手でカットしやすいペーパーホルダーもある。

ウォシュレット

自分で細かく拭けない場合はシャワー付きのポータブルトイレもある。お尻を拭く回数が減るので便利である。

ポータブルトイレの注意点

部屋に臭いがこもる

ポータブルトイレの消臭液が販売されている。水を入れたポータブルトイレの汚物バケツの中に入れるだけで消臭。

参考 ポータブルトイレ用 消臭液パナソニック 公式サイト

バケツの運搬や洗浄が必要

ポータブルトイレは排泄するには便利ですが、汚物バケツをトイレに運ぶことや洗浄することが大変。バケツを洗浄する必要がない商品もあるので紹介します。

自動ラップ ポータブルトイレ

汚物バケツにフィルムセットして自動でラップ。バケツの洗浄が不要になる。

参考 安寿 家具調トイレ 自動ラップアロン化成 公式サイト

ベッドサイド水洗トイレ

水洗式のポータブルトイレもある。汚物バケツの処理をしなくても良い。介護保険で購入補助の対象。設置に関しては自己負担。

参考 ベッドサイド水洗トイレTOTO 公式サイト

特定福祉用具

ポータブルトイレは商品によって特定福祉用具として介護保険の公費での補助が受けられる。ケアマネージャーや福祉用具専門相談員に相談する。

トイレに関する特定福祉用具について

まとめ

尿が漏れるからと言って安易におむつを選択しない。ポータブルトイレや尿器も選択肢に入れる。

尿器(尿瓶など)の種類と選び方