おむつ勉強会の情報はこちら

尿失禁パッド(尿とりパッド)の種類と選び方

尿失禁パッドの紹介をします。

尿失禁パッド

種類

長方形型、ひょうたん型、男性用など様々な種類がある。

長方形型

吸収目安量300~450ml(約2~3回分)ほどの商品が多い。吸収量の多い長方形型もある。立体ギャザーがあるものとないものがある。

1回排尿量を150mlとして計算。

折り方に違いがある

3つ折りが一般的。2つ折りはパンツ型おむつにセットしやすい。

ひょうたん型

大型で吸収量目安600ml(約4回分)~の尿失禁パッドで多い形。動きを考慮して太ももの部分がくびれている。

男性用

男性器を包み込む形状。短めの長方形型のパッドを組み立てる種類や袋状などがある。陰部が短い人は向いていない。

注意
前面が膨らむので姿勢に影響する。
男性用パッドの種類と巻き方

構造と性能

尿失禁パッドの性能は様々です。詳しく解説していますので是非ご覧ください。

大人用紙おむつ(パッド)の構造と性能

吸収量

2~13回 (吸収回数の目安)


組み合わせ

パッドは1枚が原則

パンツ型おむつやテープ型おむつと尿失禁パッドを組み合わせる事はパッドの重ねづけである。重ねづけには注意が必要である。

注意
テープ型ホルダーパンツはおむつカバーとは違う。おむつカバーは布おむつと尿失禁パッドに対応している商品が混在している。慎重に情報を調べてから購入する事をおすすめします。
しろやぎ
しろやぎ

おむつ情報局の筆者はテープ型ホルダーパンツを薦めているわけではありません。今後に期待を込めて書いています。代わりに紙の超うす型のテープ型おむつ(カバー)があります。

超うすタイプの大人用テープ型おむつ

できるだけシンプルを目指す

ホルダーパンツとテープ型ホルダーパンツには吸収材の無駄がない。パンツ型おむつとテープ型おむつは吸収材の無駄を最小限にするために超うす型を選ぶ。シンプルであると姿勢への影響が少ない

大人用おむつ(パッド)の種類と組み合わせ

尿失禁パッドの選び方

尿量を量る

尿量を数値で把握する。その数値に合わせて尿失禁パッドを選ぶ。時間帯によって尿量は違うので排尿日誌をつけるとよい。

総吸収量と吸収目安量

総吸収量と吸収目安量があり確認が必要。総吸収量は全面で吸水した状態。吸収目安量は使用時の目安。総吸収量を吸収目安量に換算すると6~7割程。病院・施設用は総吸収量表示の場合が多い。量った尿量は吸収目安量と合わせて尿失禁パッドを選ぶ。

吸収回数の目安

店頭用の表記はガイドラインが定められている。ほとんどのメーカーは1回あたり150mlとして排尿を回数で表記している。店頭用は吸収目安量である。量った尿量をそのままで回数として計算する。


立体ギャザーを活用する

立体ギャザーが防波堤になる

漏れる事がある場合は立体ギャザーがある尿失禁パッドを選ぶ。漏れがないのであればギャザーがない尿失禁パッドでもよい。

立体ギャザーを立てる

前後を軽く伸ばすとギャザーがしっかりと立ちます。それでもギャザーが立たない場合は指で軽く立てる。

立体ギャザーをそけい部に沿わせる

立体ギャザーは意識的にそけい部に沿わせる。ホルダーパンツにセットする時も同様である。強くしすぎないように注意が必要です。


おむつ(パッド)の立体ギャザーの特徴

尿失禁パッドの注意点

立体ギャザーが倒れる

パンツ型おむつやテープ型おむつの立体ギャザーを潰さない尿失禁パッドを選ぶ。

重ねづけは無駄になる

パッドの防水材は尿を下に通さないので、パッドを重ねても無駄である。

MEMO
尿失禁パッドを漏れ防止のために重ねる事は逆効果です。大容量のパッドもある。適切な吸収量のパッドを1枚選ぶ。

ホルダーパンツは万能ではない

ホルダーパンツは大型の尿失禁パッドも併用可能であるが、多量の尿では支えきれずにズレて漏れてしまう。

パンツ型おむつと尿失禁パッドを組み合わせて、2重の立体ギャザーを活用すると漏れを防げることもある。

しろやぎ
しろやぎ

漏れ防止のために2重のギャザーを活用するにしても、その際のパンツ型おむつやテープ型おむつは超うすタイプを選ぼう。

ホルダーパンツ(パッド対応パンツ)の種類と選び方

フラット型シートとは違う

大型の長方形型のシートが市販されている。大型であるが吸収量は少なく、値段は安い。立体ギャザーもついていない。陰部洗浄の際などにシートとして利用する。

注意
尿失禁パッドとして使用しない。
フラット型シートの使い方と注意点
しろやぎ
しろやぎ

尿失禁パッドは適切な1枚を選んでね。